FC2ブログ

風と戯れて・・・ 風が運んでくる様々な記憶を、心の眼で感じ撮る・・・ まだ見ぬ、自分との出逢いを求めて・・・

一期一会

ばーばら

H&M MASAKO
Stylist MASAKO
Laghting designer HIRAKU & RYU

 12月のバーバラ最終フォトグラフの一枚 この時はまだ「大写倫」ではなかったのでRTM。

昨日、あゆちゃんにデータを送ると、即、FACEBOOKのプロフィールにアップ!!
あゆちゃんから、うれしかったんですって電話をもらいました。

 そして、アップした写真にコメントをまっさきにくれたのが
あゆちゃんの友人のカナダ人の女性で、この人のブライダルフォトが今アップされていますが
むちゃ美しい!!負けた・・・
その人から、「あゆはポップスター!!」と書かれていて、うむむ・・・もっと、いいのが撮れるのにこれで
満足しないぞ~~っていう気持ち。

 次に書いてくれていたのが、バーバラちゃん!!
ヤッホ~~なのであります。
遠いケニアから、ちゃんと見てくれているのです。
「Beauty!!これは、ベイビー(バーバラたちは、わたしをそう呼んでいました)のフォト??」と書かれていたことも嬉しい。

 ただ作品つくりのためのモデルとフォトグラファーでなく
 こうして、距離があっても、あゆちゃんや、みんなとも心がつながっていることに
 なんだか不思議な気持ち。

 バーバラの最終フォトは、わたしにとっては、北海道撮影をひかえて、体調もダウン気味の上、個展というもので心のなかは混沌としていたので満足いくものではありません。

 バーバラには申し訳ないことをしたと思います。あゆちゃんフォトグラフをとことんつきつめて、いいフォトグラフをつくることが、バーバラへの「ありがとう」にもなると思うので、もう個展後、撮影準備!!

 今、目の前にいる人を、わたしの、わたしたちのできること精一杯で、
その人の魅力であふれたものを撮れるようになりたい。
撮らせてくれて「ありがとう」と言えるようなフォトグラフ・・・そんなものでありたいなあ。

今は、まだうまくなくて「ごめんね」かな。

地球にいる人が「ありがとう」の笑顔でむすばれる、その小さなパーツになれたらと思う・・ひゃ~~
すごい生意気じゃん!!

dm
 DM発送して、いろいろな連絡をいただき、ありがとうございます。

 細かいツメにがんばります。
スポンサーサイト



自分の仕事の背骨   ~Portrait~

ayuちゃん

 この写真は、写真的にたいへん反省の多い作品です。プロフィール写真とはいえ・・・

 AYUちゃん、昨年、バーバラの最終フォトのときに、お手伝いにきてくれました。

 「AYUちゃんも、FACEBOOKしているから、プロフィール写真撮ってあげるよ。」と言うと、
 「え・・・わたしなんか・・・」とためらっていましたが
 「チマチョゴリで撮っていただけますか・・・」

 AYUちゃんは、在日韓国人です。

 この日に、スタッフは、初めてAYUちゃんに会ったのですが、ほんとうにAYUちゃんのココロの美しさ、
またココロもだけど、ほんとうにい美しい・・・のであります。
それを撮ることができていなかったということで、みんなで、1月にリベンジを考えておりました。

 RYUくんは「AYUちゃんは自分でも気がついていない美しさがある」とボソッと言った言葉も添えて、
 メールすると
 レスには、この写真を撮ってくれたうれしさの言葉のなかに、「在日」というルーツのなかで生きている
 AYUちゃんの心を感じてしまったレスでした。

 彼女は、日本語教師として、韓国に5月に行きます。
 幸せになってほしい・・・わがスタッフはみんなそう思っています。

 教師時代、「差別はいけない」と声高に叫ばないといけない時代もあって、正直、違和感を感じて、一切、そういう授業ができなかったわたしです。そんなことだけでは、まちがっていると思っていました。その考えは今でも変わらない・・・
やっと、何をするのかがわかってきました。

 12月に撮った写真で、すごい喜びを感じてくれたこと。旅立つ彼女へ、彼女は、ほんとうに美しい!!、人の魅力をいっぱい持っている人なんだよということを写真で伝えたい。
わがチーム、全力でイメージをつくっています。
自分に自信をもち可能性を感じてくれるそういうフォトグラフにトライしていく、それがわがチームの背骨であり、わたしの生き方の背骨なのです。

 このことでHIRAKU1ちゃんの言葉・・

 被写界深度20
 深く静かにフォーカスするのだ。


      すごくナイスな言葉なんだけど、HIRAKUちゃんが言うと、ワロタ・・・ごめんね。
      とってもマジメでユニークなHIRAKUちゃんなのです!

   本日は、HIRAKUちゃんで落としておきます(笑)

庭で福寿草が咲き出したので、いまむらさんレンズ使用 花言葉の「想い出」のイメージフォト


1



先週、半年ぶりに江口先生の実習に参加・・・あのオッサン ナイショ!! 先生、人が撮っていると、枝をゆらすし、
ピースサインをレンズの前にもってきたり・・・もう先生と遊んでいます。作品にならない梅ですが、ツイッターのほうにアップしています。

京都御所の梅の花http://p.twipple.jp/zQFyN  

Barbara わたしの最終フォトグラフ

ba-bara

MODEL Barbara
PHOTOGRAPHER   Senju Tachibana
H&M, closs MASAKO
Laghting designer HIRAKU TERAMURA
Studio assistants RYU-K



 バーバラには、夢をたくさんもらった・・・

 12月、バーバラも帰国をひかえ、わたしも北海道撮影前日で余裕がなかった。

 北海道撮影最中に、メールで、バーバラの帰国に会えないことで
 バーバラから「寂しい」・・・宿泊のホテルのパソコンから、データをみて、
もう会えないって思うとひとり泣いておりました・・・少しは、センチな都芭早なのであります・・・

 作品は、3月にまとめます。
 またデジブックにできたらみてくださいね。

 手首、やっと上下が平気になってきました!!

ハートにドッキュン!!

マルセラ


マリア

MODEL Marcela Pinzón Faccini , Maria Camila Serrano
PHOTOGRAPHER  Ryu-K
H&M MASAKO
Laghting designer HIRAKU TERAMURA
Studio assistants Park & Senju


新年、あけましておめでとうございます!!

都芭早さんらしく、スタートします(笑)

これは、マルセラ、マリアが帰国するので、記念に撮ってあげようということで、
RTMが集まって撮影したものです。

 もう・・・たいへんでした・・・
 パクは、メイクしてもらったマルセラをみて、真っ赤・・・しばらく、緊張しとりましたが、なぜか、
 メイク室まで入り込んでカメラでパシャパシャとパパラッチ・・・
 HIRAKUちゃんは、おいてあったカツラかぶってメイク室にくるし・・・

 女性の部屋に入るな!!!!と怒っても聞く耳もたないオトコ・・・


 まったくオトコというものは!!!

 で・・・

 なぜか、うちのスタッフやマルセラをご存知の方の間で、
 人差し指を口にあてるポージングが流行っています。
 このポーズをしたら、幸せがくるような感じがするのであります!!

 ささ、今年の幸せは、マルセラのこのポーズでにっこりまいりましょう!
 え??マリアのほうがいいですか??

 このふたつのポーズが幸運をよびます!!

 では、みなさん、今年もよろしくお願いいたします!!!!!!!

AYUちゃん

明日から、北海道だ~というのに、最後のお仕事・・・というか、作品つくり。

 バーバラのモデル撮影でした。

 今日から、またスタッフに加わってくれた李 亜由ちゃんのプロフィール写真も撮ってあげようということで
亜由ちゃんはすごく喜んで、国の民族衣装(花嫁衣装)で撮ってほしいとのことで
撮影の1場面でございます。

亜由ちゃん

 撮影をしているのは、HIRAKUちゃん。なんか、大工さんのようになっています・・・
 彼は、撮られている相手を全然、緊張させない不思議な力があります。

韓国の民族衣装を、初めて・・・見ました。大阪では、鶴橋というところにチマチョゴリをおいていて、見たことはあるのですが
すごく、コテコテと光っていて・・・でも、それは、ちがうことをAYUちゃんが教えてくれました。ほんとうにシックな手刺繍のある、ほんとうに柔らかい色の衣装です。
H&MのMASAKOも、朝、AYUちゃんのプロフィール写真のことをいうと、即、韓国の民族衣装を着た人たちの研究をしてくれました。

 FACEBOOKのプロフィール写真に使うだけの写真でもありますが、それでも、撮ってもらうというのは
AYUちゃんにとっては、すごい喜びでありまして、そういうことに、みんなの頭脳が集まってくれたことに感謝!!

 しばらく、わたしが北海道に行くので、子どもたちの帰国を見送ってやれないことで、その分、いろんな仕事をしていました。

 明日から、新しいお子ちゃん(Fmiちゃんがそう言ったのです)をつれて、北海道入りです。
お子ちゃん??と疑問のかたは、また帰ってから紹介します!
 自然のなかで、生きてきます。みなさん、ほんとうに、ここ一ヶ月失礼しちゃってごめんなさい。

 帰阪すれば、皆様にお詫びにあがります。


帰国する子どもたちへ

 元気で!!また、必ず会おう!!
 YOUTUBEのラストに子どもの笑顔でしめくくったのは、君たちがこれから進んでいく道に、守るものが
 子どもの笑顔だと思うからだ。戦争で犠牲になるのが子どもである。
 子どもたちの笑顔を絶対につぶしてはならない。

 自分の道をしっかり歩め。道を進めば進むほど夢を失うことが生きることかと思うだろう。
 でも、そうではない。新しい出逢い、試練、すべて君たちを輝かせてくれる。

 帰国を見送れないことを許してほしい。

 いつか、もっとすばらしいフォトグラファーとして、きみたちと会えるように生きていく。

人を信じて、自分のすべてを生きることにかけて輝いていってほしい。

 さよならじゃなく、また、会えるときまで!!

   愛するみんなへ           ベイビーより
  • ヒマラヤユキノシタ (03/12)
  • 願い  Ginza Snapより (08/30)
  • 葉っぱ (08/19)
  • 暑中お見舞いもうしあげます・・・      Ginza Snap & インスタグラムJuly 1/365 (08/06)
  • 先生からの手紙 (07/16)
  • 空景  & インスタグラム 1/365 june (07/11)
  • プロフィール

    都芭早(tsubasa)

    Author:都芭早(tsubasa)
    きてくださってありがとう!!

    検索フォーム

    QRコード

    QR