FC2ブログ

風と戯れて・・・ 風が運んでくる様々な記憶を、心の眼で感じ撮る・・・ まだ見ぬ、自分との出逢いを求めて・・・

空景  & インスタグラム 1/365 june

FullSizeRender_20150711000925e27.jpg
GRDⅣ

 宇治徳州会病院の駐車場から。

  最近、インスタでもそうなんだけど、よくソラを撮るようになりました。


 母、青アザがすぐでる(ふえる)ことや、貧血もあって、
今まであたりまえのようにして飲んでいたバイアスピリンやプレタール・・・
どちらも血をサラサラにする薬がストップ。

脳梗塞以来、飲んでいました。

こちらにきて、この施設のお医者さまの指示で、すぐに心臓内科の診察をされて、ナシ。
今まで、歯を抜くのも出血を懸念されて、阪大病院へ行かされておりましたので、
自分が今まであたりまえとして感じて飲んでいた薬もいろいろ考え方があるのだなあと思います。

枚方の病院から発熱したまま来たので、その日は熱がありましたが、
発熱したことがなく、青あざも激減・・・

もちろん、ここの施設の医療の充実もありますが、宇治は空気感が違います。
枚方へ帰宅するとスチーマーに入っているようです・・・


 青アザがすぐでるたび、前の施設は、虐待に思われないよう、丁寧に説明をされていたことが
不憫に思えてきます。もっともっと医療との連携がはかれたら、介護士さんもやりやすいのに・・・

 帰宅するとバタンキューで、こんな時間・・・・・






スポンサーサイト



Beginning of July   ~廃用症候群~

R0191066-Edit-Edit.jpg
GRDⅣ

今回、ほんとうにたくさんの方に施設について相談にのっていただき、
若い頃、ピアノを教えた子の親が母のいた施設の理事をされておられたりで
母の大好きな施設を離れる決心をしました。

脳梗塞になってから、介護という世界のなかでやってきて、
介護施設の世界にたよっていてはダメだ、自分でどうするかしかないのだと。

施設のミスでペースメーカーをいれて、この年齢でいれて元気になるわけがない。
また元気さを失い、不調になるだろうと予期しておりました。

事故のあと、施設では、いたれりつくせりで、少しでも脈が速かったりすると
安静、安静・・・結果、歩くことはもちろん、立ち上がること、すべてできなくなりました。
廃用症候群と知りました。

入院した当時は、歯磨きしてやって、ブクブクしてねといってもできない。
ブクブクすらできない・・・ってびっくり。
寝たきりだから、オムツもテープ式だから、むれむれになり、今も陰部はただれて皮膚がない。

心臓リハビリして約1カ月。

「こわい」「しんどい」「助けて」とわめきちらして、
先生にぶらさげられるようにして、病棟を歩く・・・
わたしは、おだてて励まして、支えたり汗びっしょり!!しんどかった~~~

今も、しょっちゅう熱はでますが、
ようやく、熱があっても自分で食べることをしてくれますし、お箸も使いますし、
歩くこともしっかりしてきました。
こんな顔して、半分の距離を笑顔で歩けるようになったのは、今週に入ってからです。
奇跡の一枚(爆)

明後日、新しくなった宇治の病院のリハビリ転院します。
いわゆる「老健」・・・


3カ月が期限です。

老健は薬をそんなに使えないデメリットがあるので、熱はいつもだし、CRPが高くなるのはいつもなので、
リハビリにどれだけ向かえるのかわからないのですが、廃用症候群から少しでも抜け出せたらいいなと思います。

悩みぬいてくたびれている日々を、教え子をはじめとして、いろんな方々に気分転換をはかっていただいたり、
自分のミスを補っていただいたり、ほんとうに感謝です。

転院して、新しいリズムのなかで、
また次ぎを模索していこうと思います。
母に残された時間が幸せでありますよう・・・





CANASUC&モンサンミシェルのクッキー

DSC01251-Edit_20150509222307edc.jpg

 教え子が海外ツァーの仕事の関係で、その子からお土産でもらったお砂糖。ランプ型をしているものがあって、宝石のようでダイジにしていて、ふと、珈琲に入れて飲んでみたら、美味しいのであります。
わたくし、だいたいがブラックで飲む人なのですが、こんなステキな甘さは初めて!!
日本では、ランプ型がなくて、歯医者さんのついでに大阪でリボンのお砂糖発見!!

DSC01254-Edit-Edit-Edit_201505092223095c9.jpg

 やめられない、とまらない・・・・というのがモンサンミシェルのクッキー!!

 フランスって繊細ですてきなものがあるのだなあ・・・

DSC01263.jpg

 だいたい珈琲ブレイクにもれなくついてくるもの・・・ワンたちの視線・・・

DSC01265-Edit_20150509222306ae2.jpg

 どうしたら、かわいく撮れるのかわからない、ふてくされたまあくん・・・


DSC01264_2015050922230505b.jpg

 一日の最後に母の日記・・・満月の日にお月様がみられなかっただろうから写真にして
みせてあげたりね。時々、母の変顔(笑)

 3日前からまた熱。
 だいたい、5日間、薬を飲んだらとめてくださいねというDr.の伝言を他のナースにいったのが
まちがいだった・・・その日から薬が止まっていたのが大きな原因。いつも伝言ゲームになるので
健康に関することだけはしっかりしてくださいねとお願いしても、アウト~~~!!

一晩、寝てやり直し!!





元気になりたいなあ・・・

 写経をした雲龍院の続きは連休後に・・・

 かなり、母が元気になり、一時的だけれど、外出で家に帰って、
ワンコとご対面も許可でたし・・・ってことで・・・

DSC01232.jpg

 「元気になりたいねん」とボソっという。元気になろうと努力するたびに
アクシデントだった。ペースメーカーは痩せているから、モロに機械が外側から見えるので、
うまく服を改良。ナースさんもいいねとおっしゃってくださったし。


DSC01231.jpg


 めずらしく、おふきんをたたむのを手伝っている。

 重傷棟は今までの棟とちがって静かなせいか、落ち着いている。
 いつも短気な方も今日は家族がいらしていて、顔が全然ちがう。ニコニコスマイルなそんな表情をもたれていることが嬉しい。

DSC01229.jpg

 明日、調子がよかったら、一時、帰宅してワンコと対面。服もペースメーカーのところはクッションついたし
OKサインがでた。明日、帰ろうというとうれしそうにしていた。2カ月ぶりだね。





連休だ~

R0190817.jpg
GRDⅣ

 写真は久しぶりに大好きなリハビリの先生にしっかりしてきたねとほめられて上機嫌の母。

 連休前から、原因不明の高熱をだして・・・熱が39℃以上になると立てない上にいくら体重35キロでも
ぐらぐらで不安定。こんなときはやっと施設が契約してくれた介護タクシーがつかえると電話すると、忙しいし、
予約もいれてナイのに何をいってはりまんねんとケンモホロロに言われた・・・自由でこじんまりをやっておられるところのほうが、もう予約入っていてすいませんと気の毒がられた・・・・介護タクシーも運営がたいへんなんだなあ・・・

 施設のケアマネに介護タクシーの態度のことを言うと「あ、そうですか」で終わり。
お~~い!!高熱だしているのに、危険じゃないのか~~~・・・・
ヒートテックの下着だったのでかえていただくようにスタッフさんに伝えてもらったはずが夕方行くと
ヒートテックがびちょびちょになるほど汗・・・すぐに着替えさせる。

もう、ここまでくるとケアマネ嫌悪症。クニの改正はどんどん利用者負担になり、
介護保険のためにとられているオカネはどこへいくのだ・・・
一番、がんばらないといけない人が、・・・理想は裏切られるのと背中合わせにありながら、
それでも自分なりの理想とつくりあげるしたたかさをもたないと。

今、42歳になる子たちが卒業のときに日の丸掲揚が枚方でも導入された。
ついに、ハジマルのだと思った・・・そのときの校長さんが
「サッカーでも日の丸に名前書くでしょ、ソレ見るだけで思い出すんだよ」と・・・・
教師やめても、理想はすてていない。
母をことも、この時代があるのは、あのどうしようもない時代の下で生きてきた人をみるのは、
母の子としてだけでなく、生かされている自分の責任だと思っている。


また、そのケアマネさんは施設とうまくいかず退職予定で、まだ2か月なのに交代であります。
わたくし、何人、ケアマネさんかえるのでしょうか!



cats_20150504012736811.jpg

 昨日は、わんこつながりのオフ会で食べていないわたしの食料どっさりいただいたり、
近所の人が、母のところへもっていく小さなクーラーバッグやご飯がすすむように楽しいお茶碗や
プラスチックのお茶碗を探してきてくださった・・・いやん、わたしが使いたいし~~

そんな方々のおかげで生きてられるのだなあ・・・

お餅食べていたら、仮歯がぬけた・・・テンションさがる~~~!!



  • ヒマラヤユキノシタ (03/12)
  • 願い  Ginza Snapより (08/30)
  • 葉っぱ (08/19)
  • 暑中お見舞いもうしあげます・・・      Ginza Snap & インスタグラムJuly 1/365 (08/06)
  • 先生からの手紙 (07/16)
  • 空景  & インスタグラム 1/365 june (07/11)
  • プロフィール

    都芭早(tsubasa)

    Author:都芭早(tsubasa)
    きてくださってありがとう!!

    検索フォーム

    QRコード

    QR