FC2ブログ

風と戯れて・・・ 風が運んでくる様々な記憶を、心の眼で感じ撮る・・・ まだ見ぬ、自分との出逢いを求めて・・・

ただ、ありがとうを伝えたくて  Monky Magic

DSC00696-Edit.jpg

 2014年10月25日。教え子の結婚式。

 この子は1年生のときに担任したのだが、
その時は元気で親分肌で、まるでジャイアン(笑)
ところが、お父様が病気で亡くなれてからは、
ココロにシャッターが降りたかのように、勉強一直線になり、
表情も硬くなってしまった。

3年になり、わたしの持ちクラスに彼の名前があったときは、
わたしよりもっとざっくりしたオトコの先生のほうがいいと会議でも言いかけたのだが、
周りのメンバーがヤンチャで運動大好きなおもしろい子どもたちだったので、
クラスの子どもたちが頼りだった。

卒業してから20年以上会っていない。
あの子は、いつも自分にプレッシャーをかけておいこんでいく、
何かに頑張ることはいいけれど、
いつか自分がつぶれていくのではないか、どうしているのだろうと、
ずっと気になっていた。

同じクラスの子が学年同窓会を中心になって昨年取り組んでくれた。
そのころ、
母は、いれなくてもいいペースメーカーをいれたために、
ペースメーカー拒否反応がでて
手術するともいわれず、宇治徳州会病院に運ばれた。
大手術だった。
何が起こっているのか、なぜ手術なのか、
なぜ、ペースメーカーなしで心臓が動くようになったのか、
あの枚方の病院は母に何をしたのかと混乱と嵐のなかにいた。

そのときに、この子からFacebookを通じて、友達リクエストをくれたのである。
すごく嬉しかった。こんなカタチで再会できるなんて・・・
そして、同窓会への出席を、母のことでためらっている自分を励ましてくれた。

この1年、いろんな方に支えていただいたが、
この子もそのひとり。Facebookでアップしてくれる記事にどれだけ笑ったか・・
そんなユニークな子だったのかと・・・
シャッターの降りた彼の心を解放的にチェンジしていったのも、
友人や花嫁さまのおかげだろうと思う。

DSC00707-Edit_20141027204305308.jpg

きてくださる友人への心使いのあふれた結婚式だった。

また、あのヤンチャな子たちが、
事情あってこられなかった友人のためにムービーをとっては
リアルタイムでその子に送っていた。

何を教えた記憶なんてない。
ただただ楽しかった。
帰阪して、母のところへいって、
いろいろあったけれど、教師になってよかったなとほんとうに思うと報告・・

みんな、そろそろ、わたしが病気をした年齢にさしかかる。
いろんな仕事が追いかけ、ふりつもってくる世代でもある。
どうか、元気で、これからのいろんな問題をしっかり乗り越えていってほしい。

ありがとう。

SONY α7 zeiss Touit1.8/32

スポンサーサイト



我が想い 風になり

2

1


りゅうくんと初めてくませていただいて、撮らせていただいたブライダル

 今、わけあって、自分にたりないものを、全データを見直して、べんきょ~ちゅ~

 なんて書くと、かっこいいのだけどね、



 大写倫のお仕事も、ほんとうに恵まれたスタートをきらせていただいた。
 そのなかで、震災の影響は感じないではいられない。
 たとえば、パパがその影響で、なかなか
 休みがとれなくて、子どもちゃんたちが不安になっているファミリー、また、
 この時になにかできることをしたいと夢を持たれ、出発の意味でプロフ写真を依頼されたり・・・

 ただ、撮影にきていただいて、メイクして、ライティングして、ごくろうさまでなく、
 その方々の思いをわかるからこそ、きれいに撮ってあげたいとがんばってきました。

 今日、アップさせていただいたご家族も
 震災の影響で、不安を抱えておらえる・・・互いの想いがつながっていきますよう
 この写真をアップさせていただきました。
大写倫ブログに、この写真でアップされていますワトソン君のお手前をYOUTUBEでアップしました。

  • ヒマラヤユキノシタ (03/12)
  • 願い  Ginza Snapより (08/30)
  • 葉っぱ (08/19)
  • 暑中お見舞いもうしあげます・・・      Ginza Snap & インスタグラムJuly 1/365 (08/06)
  • 先生からの手紙 (07/16)
  • 空景  & インスタグラム 1/365 june (07/11)
  • プロフィール

    都芭早(tsubasa)

    Author:都芭早(tsubasa)
    きてくださってありがとう!!

    検索フォーム

    QRコード

    QR